スマートロック 法人利用

スマートロック 法人利用

話題のスマートロックの法人利用は

 

 

オフィス・民泊・宿泊施設・レンタルスペース・マンションなどあらゆるシーンでの遠隔管理を可能にし、無駄な時間やコストを削減してくれるRemoteLOCK。

 

 

 

話題のスマートロックの法人でのご利用をご検討されているのなら、RemoteLOCKがおすすめです。

 

 

RemoteLOCKは、全世界で26000台導入。

 

 

 

スマートロックとは
通信機能を持ち、外部からIT制御できる鍵のことです。
コントロールしやすく、従来の鍵より楽に管理ができます。

 

 

RemoteLOCK

 

 

RemoteLOCKのメリット

 

鍵もスマホもいらない。
番号を押すだけなので、子供にも外国人にもやさしい。
オンラインで管理するので、スピーディーに対応できる。
工事取り付けだから、安全安心。
無駄がないので、人件費や時間コストを大幅に削減できる。

 

 

 

 

 

 

 

RemoteLOCKの特徴

 

とにかく、簡単に使えます。

 

利用者には、暗証番号を伝えるだけでOK.

 

テンキー操作で解錠・施錠できるので、特別なアプリの準備やスマホは必要ありません。

 

 

 

 

遠隔・クラウド上で管理します。

 

番号はいつでも遠隔で発行・管理が可能です。

 

急な予約・依頼・トラブルでも現地に行く必要はありません。

 

 

 

安心のセキュリティー

 

 

番号は、個人毎に異なる暗証番号を設定します。

 

それぞれの番号に有効期間や時間帯を設定することが可能です。

 

 

 

複数の利用者・ドアをまとめて管理できます。

 

多くの利用者や複数の施設でもRemoteLOCKなら一つの画面・システムでまとめて管理できます。

 

 

 

RemoteLOCKの料金

RemoteLOCKは、工事取付をするスマートロックです。
鍵本体の購入、取付工事、クラウドシステムの月額利用料が必要です。

 

 

初期費用
鍵本体の購入費
取付工事費

 

 

月額費用
クラウド管理システム
利用料

 

 

 

 

RemoteLOCK 5i
35,000円(税別)
RemoteLOCK 5i

 

本体価格:35,000円(税別)/1台
取付工事費目安:約35,000円/1台設置
カラー:ブラック/シルバー
物理鍵2本付属
※本体とクラウドは、wifiを使って通信します。
※1ドアから導入可能。工事費の正式お見積もりは、取付を行うカギ会社や工務店にお問い合わせください。

 

 

 

クラウド管理システム
LockState Connect
月額使用料:1,000円/ドア
ビジネススタータープランのRemoteLOCK1台あたり料金

 

 

 

ドアの形状などによって変動します。
お近くの施工パートナーまでお見積りをご依頼ください。
参考価格:1カ所1個取付の場合、概算費用で3万円〜
施工中物件・改装を予定している物件の場合、施工予定の工務店様へ取り付け可能か
お問い合わせください。取付工事の施工マニュアルを公開しています。

 

 

 

RemoteLOCK 取付工事

 

RemoteLOCKはビジネスシーンでの利用を前提としており、単体で電子錠として機能する製品です。
多くの後付けタイプのスマートロックは、工事を必要としない強力な両面テープで貼り付ける方法を採用しています。これらは基本的には鍵でなく、鍵をスマホで開閉可能にするアタッチメントです。アタッチメントであるため、取付が簡単な方法を採用し、すぐに元に戻せるというメリットがあります。
一方でRemoteLOCKは鍵そのものであるため、"簡単には取り外せないこと"が重要です。
不特定多数の人が出入りする施設での利用や、遠隔の管理を前提としているため、何らかの原因で製品に力を加えたり・湿度が高い環境などで取れてしまっては困るため、工事による取り付けになっています。

 

 

RemoteLOCK 導入手順

 

 

ドア(取付可否)をチェック

取付チェック資料をもとに、ドアが取付可能なドアかご確認ください。

 

 

本体を購入

本体はオンラインショップからクレジットカードでご購入ください。
また、工事とあわせて販売・施工パートナーからもご購入いただけます。

 

 

 

工事の手配・取付工事

本体をドアに工事取付します。工事は施工会社に直接ご注文ください。
RemoteLOCKの施工パートナー紹介のご用命はお電話(03-5342-1026)もしくはメール(remotelock@kke.co.jp)でご連絡ください。
施工パートナー以外で依頼される場合、工事マニュアルはこちら

 

 

 

管理システムのご契約

ご自身でアカウントを作成し、取付けたRemoteLOCKを登録してください。
ご契約・お支払にはクレジットカード(VISA, MasterCard, American Express, JCB のいずれか)が必要です。
ご利用料金は、ご利用分に応じて毎月自動決済されます。
詳しくは料金ページをご確認ください。

 

 

 

RemoteLOCK 利用事例

 

スマートロックを自社に導入するのは難しいと感じていませんか?
使い勝手とセキュリティ
を両立する最新スマートロック

 

テンキー
紛失がなく、カードキー
の配布・回収が不要

 

ID管理
個人毎に設定される入室権限

 

トレーサビリティ
履歴が記録され、個人の特定も可能。

 

 

社員やスタッフにやさしい
アプリや カードキー不要
のスマートロック
暗証番号を押すだけで簡単に入室。むずかしいスマホアプリのインストールや、新しくカードキーを持ち歩く必要がなく社員への負担がありません。 オフィスでは世代や性別の違う様々な人が働いています。細かい説明や設定などの複雑なオペレーションがなく安心です。 施錠もキーパッドのみでできるため、最終施錠のための残業や帰社なども発生しません。

 

「誰が、いつ、どこに」の適切な入室制限。
実態、履歴を把握。
セキュリティ上重要な「誰が・いつ・どこに入れるか」について、 個人毎の暗証番号、何曜日の何時?何時など入れる時間、オフィス内のセキュリティ区画や営業所等の複数拠点に入れる人間を適切に制御することができます。 個人を特定して、いざという時の履歴を追うことができると共に、適切な権限設定でセキュリティリスクを抑えます。

 

 

 

システム導入、退職・入社、異動や出張対応もスムーズに。
業務効率化と対応力で満足度アップ。
クラウド・キーレスのため、いつものPC・スマホからすぐに対応が可能です。 退職者が出た場合は、管理画面から対象スタッフの暗証番号を削除するだけです。面倒なカードキー等の回収や、コストの掛かる鍵変更は発生しません。 入社や出張者対応も、管理画面から暗証番号発行&メールで通知ができ、担当者による素早い対応が可能です。

 

 

 

導入された企業様の事例
オフィスにおける鍵の管理の手間・コストを低減
ソフトウェアビジョン株式会社 様
 ISMSへの対応のため、紙に記入しての入室履歴管理するのは、記入の漏れやデータ改ざんが心配でした。また、土日の出勤や常駐先から本社オフィスに戻ってくる際などは、社員への鍵の受け渡しがあり、管理者に負担がかかっていました。 →詳しくはこちら

 

スマートロック活用でキーレス・安心のオフィス管理へ
株式会社ワーク・ライフバランス 様
 最初は後付け型のスマートロックを購入してみましたが断念。工事取付の安定性、キーレス・ワンタイムパスが両立できる製品をようやく発見。 今では物理鍵を撤廃し、個人別の入室管理を実現。解錠・終業時の施錠管理の管理も楽になり、社員に喜ばれています。 →詳しくはこちら

 

 

オフィス拡張や新規事業所でも統合管理が可能
高機能なオフィスセキュリティシステムでは、拠点毎にサーバーが必要であったりリーダーの取付の配線工事が高額であったりと、事業所等の複数拠点を統合管理することが現実的には難しいケースが多くあります。また、システムが大規模になるにつれ、サーバールーム、役員室、人事情報室などの追加設置したい場合も、部品供給状況や設備工事での制約で容易に増設できません。RemoteLOCKなら配線不要で増設もカンタン、複数拠点もWiFi環境されあれば統合した管理が可能です。
高い拡張性で、1ドア1000名の管理が可能
簡易的なスマートロック システムでは、多くの人数や複数の拠点を管理する機能に不足がでてきます。RemoteLOCKは1ドア1000名の管理に対応し、施設別の管理者を設けられるため複数拠点管理に適した機能、レイアウト変更もドアグループで柔軟に対応、 APIで業務システムとの接続も可能と高い拡張性があります。

 

良くある質問

暗証番号はいくつ発行できますか?
最大で同時に1000個まで発行できます。

 

 

暗証番号の発行にお金はかかりますか?
いいえ、基本料金に含まれています。

 

 

5iと7iの違いは何ですか?
5iはテンキー型で時間指定によるオートロック機能があります。7iはドアノブとテンキー一体型で、ドアを閉めるとカギが閉まる完全オートロック機能があります。ドミトリーや共用部など、複数人の利用が前提の空間には7iが最適となっております。詳細は「製品情報」をご確認ください。

 

 

電池はどれくらい持ちますか?
使い方で変動しますが、半年に1度程度電池の交換が必要です。
電池の残量はクラウドで確認でき、交換時期にメールでお知らせします。

 

 

製品の実物をみることはできますか?
定期開催セミナーにご参加頂くか、弊社(東京・福岡等)オフィスにてご覧頂くことができます。その他、面談・デモのご希望は出張スケジュールに合わせて訪問可能な場合がございますので、ご希望の旨お伝えください。

 

 

取り付けはどのようにしますか?
ドアに穴空けを含む工事で取り付けます。カギや内装の施工が業者様にて対応可能な内容となります。詳しくは取付工事ページをご覧ください。

 

 

物件に近い、施工パートナーがいないのですが…。
お近くまたはお取引のあるカギや・内装の会社様があれば、
施工マニュアルをお伝えし依頼可能かご確認ください。
取付希望で、依頼先を見つけられない場合は取付先住所とご紹介希望の旨、弊社までご連絡ください。

 

 

物件に近い、施工パートナーがいないのですが…。
お近くまたはお取引のあるカギや・内装の会社様があれば、
施工マニュアルをお伝えし依頼可能かご確認ください。
取付希望で、依頼先を見つけられない場合は取付先住所とご紹介希望の旨、弊社までご連絡ください。

 

 

 

購入後の操作説明を聞きたいのですが。
同梱マニュアル及びクラウド管理システムの画面のリンクから、ヘルプページ(操作マニュアル)をご覧ください。画像・動画を含めて使い方の説明をご用意してございます。また、より詳しい内容や不明点はRemoteLOCKサポート窓口までお問い合わせください。さらに、現地での初期設定や説明会をご希望の場合はエリアにより有償にて承っております。

 

 

 

物理的なカギも使えますか?
はい、製品本体に2本付属しています。

 

 

 

APIから暗証番号の発行は可能ですか?
はい、可能です。APIでは、暗証番号の発行・変更・削除や、利用可能な期間(日時。分単位です。)を指定した発行、履歴の取得などの一連の操作が可能です。

 

 

 

 

自社での取付も可能ですか?
施工マニュアルがございますので自社でご手配頂くことが可能です。施工は、ドアの加工が必要なためカギ工事や内装施工を行う会社様等が行う工事の内容となり、一般の方には難しい内容となります。施工可否は工事マニュアルをみてご判断頂いてください。

 

 

 

納期はどのくらいですか?
RemoteLOCK5iは発送から5営業日以内の発送となります。RemoteLOCK 7iとTOBIRAは、ご注文書を頂いたのち在庫状況によりお取り寄せとなり、数週間のお時間をいただく場合がございます。

 

 

 

複数の施設(離れた場所)を管理すると追加料金がかかりますか?
かかりません。利用するRemoteLOCKの台数が同じであれば、取付場所が複数施設に分かれていても追加料金は必要ありません。詳しくは料金ページをご覧ください。

 

 

 

マスターの暗証番号を作ることはできますか?
できます。任意のドアを、共通の暗証番号で出入りできるように設定が可能です。

 

7.クラウド管理システムで何ができるんですか?

 

暗証番号(期限あり/期限なし)の発行、曜日・時間指定の自動施錠・解錠の設定、複数ドアへの入室権限の一括割り当て、解錠のリアルタイム通知など、多様で柔軟な設定ができます。このような管理の快適さを支援する機能はもちろん、入室履歴の閲覧や電池残量低下の通知などユーザーや鍵の状態がわかる安心の機能もございます。本システムの基本操作はyoutubeで公開中。

 

8.クラウド管理システムの使用料は発生しますか?

 

月額利用料が発生します。2019年9月以降ご利用形態に応じた3つのプランをご用意しております。詳しくは、料金をご覧ください。クラウドシステム利用料はクレジットカードでのみ決済させていただいております。

 

9.作成した暗証番号や設定はいつRemoteLOCKに反映されますか?

 

RemoteLOCKがWi-Fiに接続したタイミングで反映されます。このタイミングはクラウド管理システムで設定するWi-Fi接続間隔(ハートビート間隔:常時〜12時間)、もしくは、キーパッドやドアノブ操作のタイミングでも接続することができます。暗証番号がRemoteLOCKに反映されているかどうかはクラウド管理システム上からも確認できます。また、一度反映された番号は削除しない限り、Wi-Fi切断時もご利用いただけます。RemoteLOCKのWi-Fi接続間隔(ハートビート間隔)とは?にて接続タイミングを詳しく紹介中。

 

10.遠隔から施錠・解錠することはできますか?

 

遠隔からリアルタイムに施錠・解錠することはできません。リアルタイムではありませんが、暗証番号以外にも2通りの方法で施錠・解錠が可能です。1つは、指定時間に施錠・解錠するスケジュール設定を予めしておくこと。もう1つは、デバイスの施錠・解錠状態をスイッチで切り替えることができます。ただし、Wi-Fiと通信したタイミングでデバイスに反映されるため、リアルタイムの施錠・解錠はできません。

 

11.Wi-Fi通信がきれるとどうなりますか?

 

何らかの理由でWi-Fi通信が途絶えた場合も、一度接続したWi-FiであればRemoteLOCK側から自動的に再接続を行います。ただし、再接続のタイミングでも接続ができずに、完全に切断してしまった場合は、現地でWi-Fi接続設定をし直す必要があります。なおWi-Fiの切断は画面上から確認いただけます。
完全に切断された場合も、すでに認証された暗証番号はそのままお使いいただけますが、新たな番号の発行や履歴情報の更新ができなくなります。

 

 

通信障害が発生するとどうなりますか?
一度設定された暗証番号は本体が記憶しているため、通信が断絶していても利用可能です。暗証番号の新規発行や履歴の反映は、通信が復旧したのちに行われます。

 

 

 

引き戸に取り付けることは可能ですか
現在5i,7iは引き戸には対応しておりません。既存の電気錠の制御器にTOBIRAの基盤を接続していただくことで引き戸でもクラウドベースのアクセス管理システムをご利用いただくことは可能となっております。

 

 

 

閉め忘れに対応できますか?
5iをご購入いただく場合は毎日チェックアウト時刻後に自動施錠をスケジュールしてご対応下さい。 7iはドアを閉めるとカギが閉まるという完全オートロック機能がありますので、閉め忘れの心配はございません。

 

 

 

クラウドを利用せずに、キーパッドとして利用したいのですが
通常の電子錠・付属の鍵を使って物理鍵としてご利用することも可能です。
A.

 

 

トップへ戻る